原酒柏盛生原酒素顔 720ml

item3
販売価格(税込)
¥3,300
数量

ろ過も熱処理もしていない完全な生のお酒です。佐瀬式の槽で時間を掛けてしぼった、片山酒造さんの不動のナンバーワン商品。
栃木県産の米、五百万石を使用した『原酒柏盛 素顔』は無濾過生原酒。
上立ち香は、爽やかで心地よく高貴。
口に含むと、先ずは気品を感じるすっきりとした喉越し、その後は押し寄せる芳醇な旨味とほのかな甘みが、優しく舌を包み、思わず深く呼吸したくなる至福のひとときとなります。
無濾過生原酒「素顔」は、火入れと言われる熱処理をしない完全に生の酒です。しぼりたての生酒は貯蔵して、劣化を避けるため濾過と火入れを行うのが一般的。しかし鮮度を保つことが難しく、かつては蔵人しか味わうことができない酒でした。一般ではなかなか味わえなかった幻の味をぜひお楽しみください。 酒通はもちろん、女性にもおすすめしたい一品です。

原酒とはかつては蔵人しか飲むことができなかったまぼろしの酒。
それが“原酒”である。
およそ酒と名の付く飲み物には2通りの造り方しかない。
米やブドウなどの原料を発酵させて搾った「醸造酒」と、
醸造酒を加熱して蒸発させ、その蒸気を冷やした「蒸留酒」
である。
原酒とは加水されていないすべてのお酒をさす。
ワインやビールなど、市販されている醸造酒のほとんどが原酒で
あるのに対し、醸造酒を蒸発させた蒸留酒はアルコール度数が高いため、市販品のほとんどが原酒に割水が加えられる。

なぜ日本酒の原酒は蔵人しか飲むことができなかったのか。それは一般的な日本酒は、もろみを搾った後、水を加えて(割水)アルコール分を13~16%ぐらいに調節して造られるから。

水を加える前の日本酒の原酒が蔵から出ることはまずない。日本酒の原酒は、水を一滴も加えていないため、アルコール度数は20%前後と高く、味はしっかりと濃厚で個性的。芳醇な原酒ならではの香りとともに少しずつ味わいながら、日本酒本来のしっかりとした旨味と香りを存分に楽しむことができる。
【日本酒度+2(やや辛口)】
【アルコール分19度】

片山酒造の思い
日本酒造りは本来とても時間と手間がかかるものです。原料の選別、精米、製麹、仕込み、搾り、すべての工程に妥協せず、熱意を注がなければ本当に美味しい日本酒は作れません。
日本酒の味を左右する要因のひとつが、搾りの圧力加減。「搾り」とは、熟成した「もろみ」をお酒と酒粕に分離させる作業です。美味しい日本酒は、この工程でなるべく圧力をかけずに搾ることが重要です。
現在、多くの酒造メーカーで行なっているのは「薮田式」と呼ばれる搾り機を使用しての圧搾。薮田式はコストや時間を短縮できるというメリットがありますが、機械で一気に圧搾してしまうため、味わいを損ねてしまう恐れがあります。それに対し、片山酒造では創業以来「佐瀬式」という方法を採用してきました。佐瀬式は、「もろみ」をひとつひとつ、人の手で袋詰めし、丹念に積み重ねてから上からゆっくりと圧をかけてお酒を搾ります。一回では少量しか搾り出せないため、この作業を何度も何度も繰り返し、ようやく商品として販売できる量を確保できるのです。もちろん、時間も手間もかかります。現在、栃木県内でこの方式で圧搾している酒造メーカーは1割程度しか存在しません。ですが、あえて私たちはこの方法を続けます。人の手によって丁寧に造られた本来の日本酒の味わいを、より多くの人に知って欲しい。私たち片山酒造が、この方法にこだわり続ける理由がそこにあります。

素材の大切さを知るから、この地で酒造りを続ける。

酒造りには良質な水が欠かせません。世界遺産で有名な日光二荒山神社の別宮・滝尾神社の境内には、弘法大師にまつわる伝承で知られる日光三大霊水のひとつ「酒の泉」があります。良酒を生み出すと言われ酒通の崇敬を集めるこの「酒の泉」を元水とし、同じ日光連山より流れ出る大谷川の伏流水が「千両水」であり、私たち片山酒造が、明治13年の創業以来使用してきた水です。片山酒造の初代創業者は、新潟県柏崎市より良質な水を求めて旅立ち、ここ日光市今市でようやく納得のいく水に辿り着きました。「千両水」は地下16mからくみ上げた口当たりのよい軟水で、酒造りに使用するとまろやかな味わいと香りを生み出します。
また、片山酒造では水だけでなく、お米や酵母にも強いこだわりを持っています。お米は兵庫県産特Aランクの「山田錦」を、酵母は栃木県が開発した特別な酵母を使用しています。良質な原料を使用しなければ、本当に美味しいお酒は造れない。先代からの教えを忠実に守り、決して値段や使い勝手の良さだけで原料を変更することはありません。